スマホ依存から救ってくれるスマホ断ちアプリ

調査によると、高校生の8割がスマホを所有しており、1日の平均スマホ利用時間は3時間だそうです。
睡眠や勉強、家族との時間を削ってスマホに没頭する姿が、社会問題になっています。

ある高校では、学生のスマホ断ちを実施し、週1日スマホを使わない日を設けているそうです。
高校生に限らず、スマホを手放せない人はたくさんいますが、「やめなさい」と周囲に言われたところで、簡単にはやめられないのが現実であり、スマホの恐ろしいところです。

そんな現状を憂いてか、スマホ断ちアプリが登場しています。
アプリをダウンロードしてユーザー登録すると、スマホのロック時間が設定できるようになり、ロックしている間は通話以外の機能が使えなくなります。
ロック時間中にこのロックを解除するためには、100円の課金が必要だというのだから驚きです。
100円払ってまでロックを解除しようとするユーザーは、少ないのだそうです。

お金が関わってくると、スマホ断ちを頑張れてしまうのですかね。
たしかに時間がくればロックは解除されるわけですから、わざわざ100円払わなくても待てばいいわけです。

このアプリでスマホ依存が解決するわけではありませんが、少なくとも時間を決めてスマホから離れる習慣をつけることはできそうです。
スマホ断ちをしてみようと思う方は、試してみてはいかがでしょうか。エピレ web予約