大学入試の時点ではなく、もっと以前からのスタンスが大事なのでは

大学入試のセンター試験が無くなる、ということが決まってますね。
でも、正直それだけでは「うちの子の受験の時に、何がどう影響するのか」は分かりません。
それに、素人目に見ても、基本的に小学校から一斉指導の教育システムそのものに変革が必要な時期にかかっていると思うのですが・・・
高校卒業時の時点での変革のみでは(その時点ではバタバタするでしょうが)、豊かな想像力に結びつくような成果があるとは思えません。
文句があるなら、自分で変えたら?それもできなければ私立校に通わたら?
と、いう声も聞こえてきそうですが・・・
恥ずかしながら、それは難しいです(能力的にも、経済的にも)。
なので、いかに公的機関や施設を利用して、子供たちの素養や能力を磨いて伸ばせるのか、という視点で考えてしまいます。
まずは、うちの場合は長子が近所の公立中学校に通っていますが、なんとなく、学力レベルは高くない雰囲気です。
でも、よく言えば優しくホンワカ、悪く言えば単に従僕でパンチがない(主体的な意見や考えが無いというか)、そんな感じです。
このままだと、長子が社会に出ようとする頃には、明らかに世の中をうまくわたっていけない気がするのです。
なのでせめて、家にいる時の会話(ニュースや情報収集に関すること)などで、アンテナを拡げるサポートはしていたいな、と感じます。プロミス 夜間