物を盗むのが癖の窃盗症なんて病気があるんですね

この前ニュースの中の特集で久しぶりに女受刑者が取り上げられていました。
警察24時とかの番組を見るのも好きなのですが、塀の中での生活のドキュメントを見るのはもっと好きです。
顔はモザイクで見ることは出来ませんが、ここにいる女性達が一体どんな犯罪を起こして入って来たのとか凄く気になるんですよね。
でも犯罪を犯して逮捕されて此処に来たと言っても意外と普通な感じの女性が多くてびっくりしています。
この番組の中で取り上げられていたある一人の女性は、年齢は何歳だったか忘れてしまいましたが盗みがやめられないそうなのです。
そしていつも同じ店で同じ物を盗んでしまうらしいので す。
そのような行為には窃盗症という病名が付けられているらしいのですが、こんな犯罪に病名まであることを知りませんでした。
この病気は治すことが難しいらしいです。
それでは一生刑務所に入れておくしかないんじゃないでしょうか。
人間関係も大変らしいので、絶対にもう二度と犯罪を犯さないようにすることですね。全身脱毛 期間

電子書籍のほうが安上がりな理由・・・それはクーポンや各種割引があるから

最近では本はもっぱら電子書籍を購入しています。
もともとは断捨離でよけいなものを家の中に置かないためにはじめた電子書籍。
コミックス10冊はけっこうな荷物ですが、電子書籍ならすべてデータ。全く荷物になりません。
それだけでも十分効果がありますが、さらに電子書籍には利点があるんです。
それは、新刊でも安く読めることがあるという点。
電子書籍はモノがないので本来ちょっとは安くなってもいいんじゃないかと思いがちですが、出版物は現在では内容にお金を払っているようなものなので、電子書籍でも同じ内容なら同じ価格です。
ですが、たいていの電子書籍サービスでは、会員になるとクーポンが発行されたり、利用に応じて割り引きになるサービスがあったりします。
新刊でも適応される割引があるので、書店で現物を買うより安く読めるなんてことも可能なのです。
こうなるとますます書店の本が売れなくなりそうですが、世の中にはまだまだ紙媒体のほうが好きという人も多かったり、雑誌などではおまけをつけることで電子書籍との差別化を図ったり、工夫をしているみたいなので、お互いのメリットを比べて都度自分にいいほうを選ぶといいですね。脱毛ラボ 脱毛箇所